大分の住宅相談や住宅展示場へご案内しているおうちの買い方相談室は住宅購入に関するあらゆる疑問や不安を解消します。

サイトマップ
何がちがう??地鎮祭と上棟式

おうちの買い方相談室の最新情報をお届けします

2019年9月21日

何がちがう??地鎮祭と上棟式

まだまだ日中は暑いですね~

息子の元気さになかなか付いていけない30代中盤…。

イヤイヤ期が早く終わってくれなんかなぁ…と思いつつも

早い成長に時間が惜しいなぁと感じる日々です。

さて新しくおうちを!!となるときにあるイベントとして

地鎮祭と上棟式があるのをご存じですか??

それぞれ、意味合いや神様が違うんですよ~今日はそんなお話。

まず『地鎮祭』

地鎮祭は、工事のはじまりに、その土地の神様にたいして

工事の無事進行・完了と土地・建造物が

長く~安全であることを祈願するために、おこなわれる祭りです。

一般には「じまつり」などとも呼ばれ、

土の守護神である大地主神おおとこぬしのかみと、

その地域の神様である産土神うぶすなのかみ、

またその土地の神様に祈りを捧げるものです。

地鎮祭は地域によりお祭りの仕方が異なる場合もありますが、

基本的な祭儀の流れは神社の祭儀とほぼ一緒です。

地鎮祭と対になる「上棟式」

地鎮祭は行うけれど、上棟式は行わないケースが増えてきています

がしかし、そもそもはこの二つの儀式は対をなしていました。

上棟式は柱や梁、桁など骨組みが完成したのちに

棟木を取り付ける際に行うものです。

神事ではありませんが、四隅の柱に酒や塩、米などを撒き、

この後も工事が無事に進むようにと願うものです。

地域によっては、その土地のみなさんとのご縁が結ばれるよう5円玉に専用の紐を水引風に結わえたり、

お餅を包んだりした上で、お配りしたり撒いたりします。

子どもの頃、『もちまき』があるよと

出かけるのが楽しみだったと記憶している方いらっしゃるのではないでしょうか

職人さんをねぎらう意味合いの強くなってきた上棟式は、

最近しないという選択を持たれるご家庭も増えましたが

日本古来の風習として残したい文化と言えるかもしれませんね。

何にどれくらいの金額がかかるか?などは

また違う機会にて★★

住宅・土地・資金いろんな相談承ります。 ご相談はおうちの買い方相談室まで♪

住宅購入カウンセラー 野田杏理

《ご予約・お問い合わせ》 こちらから

《お電話でも受け付けしてます!》 TEL: 097-574-5084

《お客様の声》⇓



先着5組様限定!

初心者向け お家づくり勉強会開催します!

詳しくはこちらをクリック↓↓↓



《おうちの買い方相談室公式LINE》

イベントやセミナーのスケジュール

最新の情報をいち早く発信! よかったらお友だち登録してください ^^

( ↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓ )

友だち追加

《おうちの買い方相談室公式Instagram》

インスタもよかったらフォローお願いいたします★

《ご予約・お問い合わせ》こちらから

大分エリアNO1 土地情報

大分リノベーション

メールでお問合わせはこちらからどうぞ