大分の住宅相談や住宅展示場へご案内しているおうちの買い方相談室は住宅購入に関するあらゆる疑問や不安を解消します。

サイトマップ
ひな人形

おうちの買い方相談室の最新情報をお届けします

2018年2月15日

ひな人形

お正月が終わり、節分が終わると暦の上では「立春」ですね。
節分が終わったら、雛人形をできるだけ早く飾りつけます。
人形たちは、この短い間に一年間の穢れを貰ってくれるために箱から出てくるのです。

今「おうちの買い方相談室」に飾っている雛人形は、58年前に関家に来ました。
姉が4月生まれだったので、人形を買った後、祖父が七段飾りの棚を作り、
祖母や母が、牛車や箪笥などを少しずつ買い揃えていったそうです。
下記の写真は、昭和40年3月

雛人形の由来は、子どもが育たないということから、
人形に穢れを引き受けてもらうところから始まったようです。
それが平安時代貴族の行事の中で綺麗な人形になり、
時代を経て江戸時代に武家や商人たちにより、今のような七段飾りになりました。

 

小さい頃、雛人形を飾り付けるのは、
高級な「おままごと」だったので、毎年楽しみにしてました。
3月3日当日、着物を着て赤飯や桜餅を食べて、ひな祭りのを歌いました。
下記の写真は、昭和40年3月

このブログの写真の雛人形、七段飾りにはなっていませんが、
3月3日までは「おうちの買い方相談室」に飾っているので
『ぜひ、見に来てください』と人形たちが言っております。

 

ちなみに「片付けが遅くなると行き遅れる」ということを言われますが、
正しくは、人形に穢れを代わってもらっているので、

早くしまわないと「穢れ」または「災いが起こる」ということのようです。
とにかく早めに片付けるに越したことはないようですよ。

大分エリアNO1 土地情報

大分リノベーション

メールでお問合わせはこちらからどうぞ