大分の住宅相談や住宅展示場へご案内しているおうちの買い方相談室は住宅購入に関するあらゆる疑問や不安を解消します。

サイトマップ
親子で実践する楽しいお年玉の運用法 ~代表三浦康司のブログ⑨~

おうちの買い方相談室の最新情報をお届けします

2016年12月27日

親子で実践する楽しいお年玉の運用法 ~代表三浦康司のブログ⑨~

お正月は子ども達の手元にたくさんのお金が入ってきます。
 

私たち親は「無駄遣いをさせない」ために、貯金するように促したりしますが、

子ども達は「おうちの人に取られた」ってよく言います(笑)

 

この理由は子ども達が貯金の意味を理解していないからおこること。

子ども達が意味を理解し、わくわく楽しめる方法でできるのが理想です。
 

0e7539317c095700b1f26f69d7dd4490_s
 

実際に我が家でもやっていることですが、我が家では「パパ銀行」というものがあります。
 

私が銀行となり、子ども達からお金を預かるといった簡単なものです。特徴は「年利12%複利」。
 

12%複利ですと、仮に1万円を預けると6年で2倍の2万円になります。

ちなみに現在の多くの銀行普通預金金利は0.001%。

1万円を預けると、2倍の2万円になるまで7万2千年かかります。

金利と時間を使うことでお金は増えるということを学んでもらう機会になるのではないでしょうか?
 

また通帳はエクセルで簡単に作ることで、子ども達はいつでも残高をチェックすることができます。

日にちの欄と入金、出金、合計の欄を作るだけの簡単な通帳で大丈夫です。

パソコンの中にある通帳だと、すぐに見せてもらうこともでき、また、入出金も簡単にできる。

子ども達も安心ですし、私たち親も疑われずにすみます(笑)

お金を自分で預けて、その残高が自身でチェックができる。

1年後に利子がついた時も12%だと増えることを実感できるため、実際に私の娘は貯金することを楽しく感じるようになり、

通常のおこづかいも貯金するようになり、どうしたらお金が増えていくかも考えるようになりました。
 

実際の銀行に預けるといった方法もありますが、これも子ども達には実感させなければなりません。

一緒に銀行に行って、子どもの手で通帳を開設するといいでしょう。
 

自分が記入して窓口に出したことで、自分の通帳ができる。おうちの方が手伝ってはいけません。

お金を預けているという実感ができます。
 

毎回お金を子どもに預けてもらうといったこともよいのではないでしょうか?

私たちもですが、子どものころからお金と向き合うということは大切です。
 

これからの時代に必要なのは、親子で、お金や仕事について考えること。

おこづかい教育、金銭教育、消費者教育、マネー教育、キャリア教育ともといわれるものです。

早いうちからお金に興味を持ってもらい、親子で向き合うことはた子ども達がたくさんのお金を持つこの時期は、スタートするにはよい時期だと感じています。
 

キーワードは「わくわく」と「実感」です。
 

2017年開催キッズマネーセミナー

12279676_803524496426581_1137042198_o
 

1月7日(土)10時~12時

☆10歳~14歳向け☆ 子どもの夢とお金の勉強!

http://www.reservestock.jp/events/155808

 
 
1月15日(日)10時~12時

☆4歳~10歳向け☆ お店やさんごっこ!

http://www.reservestock.jp/events/160932

 
 

1月28日10時~12時

☆8歳~14歳向け☆ ハンバーガーから学ぶ世界のお金

http://www.reservestock.jp/events/162153

大分エリアNO1 土地情報

大分リノベーション

メールでお問合わせはこちらからどうぞ